UNLIMITS official

UNLIMITS official

UNLIMITS official

UNLIMITS official

UNLIMITS official

Information

2018.09.14UPDATEライブ情報更新!

ライブ情報更新!

Ken Yokoyama『Songs Of The Living Dead Tour』
11/3(土)秋田 Club SWINDLE
11/4(日)青森 Quarter
に、UNLIMITSの出演が決定!

チケット一般発売は明日9/15(土)10:00より発売開始!

詳しくはSHOWページへ!

2018.08.30UPDATEライブ情報更新!

ライブ情報更新!

11/25(日)横浜Bay Hallにて行われる”LONELINESS FEST 2018”に出演決定!

11/25(日) 横浜Bay Hall
”LONELINESS FEST 2018”
w/ OVER ARM THROW / THE FOREVER YOUNG / KUZIRA / and more..
チケット一般発売日:9/8(土)

オフィシャル最終先行が9/7(金)まで受付中!
http://w.pia.jp/t/loneliness-of/

詳しくは SHOW ページへ!

2018.08.23UPDATE『夢幻の宴 Vol.29』のダイジェスト映像後編がYouTubeにて公開!メンバーからのメッセージを公開!

先週公開された『夢幻の宴 Vol.29』ダイジェスト映像の後編が公開!当日の熱気をハイライトで、そしてもはやライブアンセムともなった「ひこうき雲」をフル尺にて公開。
前後編ともに、リハーサルや楽屋での風景、終演後などのメンバーの姿も追っており、この1日を凝縮した映像を是非ご覧ください!

そして、一年半のブランクを経て先日のSHELTER公演を終えたばかりのメンバーからのメッセージを公開!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

喜びも楽しさもくれるのがUNLIMITS、悔しさとか辛さもくれるのもUNLIMITS、休止してから自分の中のUNLIMITSというものの存在の大きさに気づきました。(他人にとっては大したことないと思うけど)(←自分のこういうところも被害妄想チックで嫌い)
思い入れを語れと言われても、今は無いかも。
嘘を語るのも嫌だし。
活動止まってからの穴を埋めてけるように、ライブで、曲で伝えていけたらなと思います。

清水葉子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

正直なところ、一年半ほとんどUNLIMITSの曲には触れていなかった。
久々にメンバー全員で集まって、全員一致でライブをやろう!ってなった。

一年半ぶりにライブが決まって、一人でスタジオに入り曲の復習。
少し忘れてしまっている曲もあったけど、何回か叩けばカラダが思い出した。
クローバーや月アカリやハローは、よくライブでやってた一軍の曲達。
一軍は忘れるはずないっしょ!と思ってサラッと復習。

みんなで久々にスタジオで音を合わせた日。
バッチリ復習した甲斐もあって順調に進んでいた。かのように思えた。

突然、ハローが飛んでいった。
何百回と叩いているはずの、絶対に体に染み付いていて、嫌でも叩けてしまうだろうと思っていたハロー。
まさかのAメロの冒頭で手足が止まった。

えっ、っえ?

ショックだった。
こんなに大切な曲も、忘れるんだ。
人間って、容赦なく忘れるんだ。
全ていつか忘れるんだ。

そんなことを思いながら一時中断し、
ハローの音源を確認する私にメンバーからの冷たい視線…(え?うそズラ?ぐんじま、まさか、ハローを忘れたのけ?)という空気がしばらく漂っていたのであった。

或るところにエビが大好物の人がいて、毎日毎日沢山エビを食べまくっていたら、ある日突然エビアレルギーになってしまったという話を聞いたことがあって、なんかそれに似てるなーって思った。
高校1年の時、清水にバンドやろうぜ!って誘われてからバンドやライブが好きになって、何年も何年も毎日ずーっとバンドを当たり前のようにやっていたし、バンドの事を考えてた。

ところがある日突然糸がプツって切れちゃった。
バンドの事を考えたくもないし、しばらく忘れたいと思った。
UNLIMITSの活動をしていない日々を過ごす間も、気づけば考えてた。

UNLIMITSはもう4人だけのバンドではなくなってた。
お客さん含め、周りに関わってる人が多すぎた。
本当に止まるべきなのか、正解はどこにあるのか、毎日毎日考えた。
正解は、メンバー自身の判断なんじゃないか?と思った。
4人で話し合って、一旦止まる事を選んだ

UNLIMITSが止まった事を心配してくれる人が死ぬほどいた。
止まったのに気にしてくれる人が沢山いた。
止まっても繋がっていてくれてた。
自分たちの判断に寄り添って付き合ってくれた。

一旦休んで、立ち止まったから見えることが沢山あった。
物事のやり方は色々ある。
タイガーウッズも芝アレルギーなんだって。
苦しくなったら、分からなくなったら、
一旦休んでみたらいいんだと思った。

「周りのみんなの支えがあってこそ、続けられるということを今回身をもって実感しました。

心から、ありがとう。

またライブ会場で会いましょう!」

郡島陽子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2018年8月5日、約一年半ぶりのライブ。
ここに至るまでに正直なところ自分のなかで様々な葛藤がありました。

今までの人生の中で一番自分と向き合った時間だったと思います。結果、UNLIMITSを続けたい、もう一度やりたいと思いました。

今思えばその時間があったからこそ自分にとって、音楽、バンド、お客さん、関わる全ての人達がかけがえのない存在だと改めて感じることができました。

そしてそれと同時にオレはただの"ロックベーシストおじさん"ということに気がついてしまいました。他になにもできないのです。

※そりゃそうだ、約20年それしかやってこなかったんだから(^_^;)

お詫びと言うには足りないけど、この間のライブ映像を贈らせてください。

そして改めて言わせてください。
信じて待っていてくれたみんな、みんなのおかげでまたステージに立つことができたよ!ありがとう。

何度言っても足りないけど何度でも言うね。
本当にありがとう!

石島直和

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この前のシェルターで久々に皆の顔を見たときに、「ああ、こんなにもUNLIMITSは愛されているんだな」と思いました。レーベルや現場スタッフも、誰一人嫌な顔せずまた集まってくれました。
きっとUNLIMITSは、自分たちが思っている以上に自分たちにとっても誰かにとっても大きな存在で、また、尊重してもらっているものなのかなと思いました。
それでもこの先もきっと僕らはやりたいようにやるだろうし、もう思うままに進んでいかないといけないんだとも思っています。
余談ですが、映像作品て、それはそれは地道で大変な作業なんです。以前DVDを出したときは、こんな作品を作れるのは今しかないって思って頑張って出したけど、二度と映像作品なんか作るかって思ったし(笑)、でもまた結局こうやって出している。来れなかった方にも、少しでも伝わればいいなと思って。
そう思うと、そんなかんじでまたアルバムも作る、、のかな、、いや、、んー、、おす

大月義隆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

https://youtu.be/_qwDtLvMxD0

Other Information